手バラシ(手作業)解体工事とは【動画あり】
手バラシ(手作業)解体工事とは【動画あり】

手バラシ(手作業)解体工事とは【動画あり】

手バラシ(手作業)での解体工事とは

 

LuckPitラックが多くのお客様に選ばれる理由は、

手バラシでの解体工事に特化しているところにあります。

一般的に「解体工事」と聞くとユンボなどの重機を使った物をイメージされる方が多く、

「手バラシ」といっても実際にどういったことをしているのか想像できないのではないでしょうか。

 

私達が専門として行なっている手バラシでの解体工事は上の動画をご覧いただくとわかるように、

バールやチェーンソー、ハンマーといった道具を使用し家屋を形成する各パーツごとに解体していきます。

手バラシでの解体工事のメリット

手バラシ解体は主に、重機が入れない箇所で必要とされます。

・前面の道路が狭い

・急な斜面に建っている

・隣の家屋との距離が近く危険

・長屋の切り離し

・階段の上に建っている

このような条件ではユンボやダンプカーといった工事車両が入れず、

解体にも廃材の搬出にも人力での作業が必要になります。

 

また、手バラシ解体の場合、構造躯体を一つずつ順に壊していくため家屋の状態を把握した上で

適切な箇所から解体していくことが可能になります。

家屋の状態が不安定な場合、力の加わり方一つで倒壊し

お隣の家屋や、通行人を巻き込んだ事故に繋がってしまう可能性も大きくなるため

こういった危険な解体工事を慎重に進められる点も手バラシ解体のメリットと言えます。

 

手バラシでの解体のデメリット

手バラシでの解体工事は重機を使用した解体工事より工期がかかってしまいます。

また、手バラシが必要な案件の多くは困難な立地に建っており、

通常の家屋の解体工事と比べると坪単価は上がってしまいます。

 

LuckPitの手バラシ解体工事は

LuckPitは手バラシの解体工事を専門とすることで蓄えてきた技術と経験により、

重機を使用した解体工事と大差のない工期を実現しています。

上記リンクページにもあるように、工期と解体費用は密接に関係します。

多くのお客様が驚かれる価格は、この技術と経験による他には真似出来ない工期によって実現しています。

関連記事もチェック

関連記事一覧

  1. 【一発で解決!】〜失敗しない解体業者の選び方〜業者探しをする前に知って欲しい重要な3つのポイント
  2. 不動産登記法のイメージ
  3. 補助金の算出方法

Twitter

PAGE TOP